退職祝いに喜ばれる胡蝶蘭

退職はお祝い事なのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、定年退職は、長年勤めてきた職場に別れを告げる人生の節目であり、再雇用などで仕事を継続する場合でも、お祝いをするのが一般的です。また、女性が結婚のため寿退社することは、新しい人生の門出を祝う意味もあるものとなります。退職をお祝いする方法としては、食事会の開催やプレゼントの贈呈などがあります。食事会は、退職を迎えて何かとバタバタとされる相手の時間を割いてしまうことになり、無理して参加してもらうことのないように配慮することが必要です。時間の都合がつかないことも多いため、退職祝いのプレゼントを贈る方が無難と言えるでしょう。

今後の生活に活かしてもらえるようにと願って選んだものでも、相手に失礼となる贈り物があることに注意が必要です。祝い事全般に言えることですが、はさみや包丁などは、日常生活のアイテムとして必要となるものではありますが、縁が切れることを意味することから贈り物にはタブーとされています。また、お茶や海苔などの香典返しを連想してしまうものや、靴下やスリッパなどの足で踏みつけるもの、腕時計や万年筆などの仕事を奨励する意味があるものなどは、避けた方がいいでしょう。また、退職といってもまだまだ現役気分いっぱいなので、老眼鏡やルーペ、杖など高齢者扱いする物も厳禁です。最近では、見た目の豪華さと華やかさ、長く鑑賞できる花として胡蝶蘭が人気となっています。花束やフラワーアレンジンメントなども定番ですが、なぜ胡蝶蘭が喜ばれるのかについて説明しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です