胡蝶蘭がガーデニングのきっかけに

生花やフラワーアレンジメントが数日から数週間しかもたないのに比べ、胡蝶蘭は2ヵ月ほど美しい花を楽しむことができるのが最大の魅力です。大きく開いた豪華絢爛な花弁は、見ているだけで気分をゆったり、明るくさせてくれるものです。また、管理をすれば、次の年も花を楽しむことができるため1年で廃棄されることもありません。退職後は、たっぷりとある時間を有効利用して、ガーデニングなどの趣味を持つ方も多くなります。退職祝いで贈った胡蝶蘭の鉢植えが、そのきっかけになるという方もいるのではないでしょうか。

胡蝶蘭は、風通しのよい直射日光が当たらないところであれば、基本的に枯れることはないので、それほど管理が難しいものではありません。花弁は根元に近いところから花が開き、先端の花弁が開いた後も数週間美しさをキープしてくれます。その後は、根元に近い部分からしおれていきますが、その都度栄養を無駄に使わないように、花を摘み、温かい環境で冬越しさせるなどすれば、次の年もきれいな花を楽しむことができるようになります。インターネットなどでも管理の仕方を調べることができるため、退職して時間のある方が有意義に時間を過ごすのにもピッタリと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です